プロバイト.com

SOHO・在宅副業・求人情報・バイト募集の無料広告・無料投稿はプロバイト

ようこそゲストさん  会員登録  ログイン | 取引流れ |Q&A |問合せ |Sitemap

少額訴訟とは

●少額訴訟の概略

 

  ・訴額が60万円以下の金銭の支払請求に限られます。
    ※なお、訴額は、一部請求なら60万以上の訴えも可能です。
    例:100万円の内60万円を請求
  ・同一裁判所へは年10回まで少額訴訟を提起出来ます。

 

●少額訴訟のメリット

 

  ・印鑑証明の印の押された契約書があって契約不履行・支払い不履行を
    示す請求書等の書類があれば勝訴する可能性が高い。
  ・口頭による訴えの訴訟も出来ます。
  ・審理は1時間程で終了し、直ちに判決がでる。
  ・証人尋問が電話で出来ます。  
  ・控訴が出来ませんので、1回で決着が付きます。
  ・通常訴訟に移行してもしなくても、和解が成立する可能性が高く、
    何もしないより債権回収で前進します。

 

●裁判手続きの流れ

 

  被告の住所地を管轄する簡易裁判所へ訴状提出するか郵送
                ↓
  裁判所は訴状の写しを被告へ送達
                ↓
  期日前までに、原告に準備書面の提出が必要な場合もあり。
                ↓
  呼出状が届く
                ↓
  訴状提出から1ヶ月~から1ヵ月半後口頭弁論期日が決定
                ↓
  被告の住所地を管轄する簡易裁判所で口頭弁論のため出頭
                ↓
  即日判決
                ↓
  被告は、送達の日から2週間以内に異議の申立てが出来ます。
                ↓                        ↓
  異議審理の口頭弁論        異議なしの場合
                ↓                        ↓
  異議審理の判決言渡し
  ※控訴は出来ません。
                ↓                        ↓
  和解を勧告されることあり。
                ↓                        ↓
  和解調書作成して和解      支払わないと強制執行で差し押さえされます。  
  
  ・控訴は出来ません
  ・反訴も出来ません。
  ・仮執行宣言が付されます。
  ・支払猶予の判決が下る場合があります。
  ・被告は、通常訴訟に移行させることが出来ます。
  ・当事者は証拠書類(印鑑証明の印の押された契約書・請求書等)を準備
    して出席します。
  ・証拠は、即時取調べ可能なものに限る。
  ・電話会議システムによる証人尋問も可能です。

 

●訴状形式

 

  A4用紙に横書きしてホチキスで左綴
  綴じ目には印  (但し、ページ数が入っている場合は不要)、
  訴状には原告の印、また各ページの上部に捨印を押す。
                                                            
  ・訴状及び当事者の表示            3通
  ・請求の趣旨及び紛争の要点      3通
  ・収入印紙                    訴額の1%(10万円の契約代金返還なら千円)
  ・郵便切手                    計3910円
 
  ※裁判所へは2通提出します。1通は自分用として保管。
  ※被告が法人の場合は、法人登記簿謄本の添付が必要。
  ※裁判所により違う場合がありますので、必ず裁判所に確認。

 

●少額訴訟のおさらいと取引相手選び

 

  ・契約前に、メッセージやメールに対して早く返事が返ってきたか?
    質問や疑問に真摯に回答したか?
    過去実績がある相手なら、トラブルをおこしていないか評判は良いか?
    料金や能力より誠意のある人を選んだほうがトラブルにはなりません。

  ・相手が支払能力がないと勝訴しても回収できないので、取引相手として
    は、法人・しっかりと固定収入をもったサラリーマンの副業・SOHO等の
    個人自営業者の順に取引相手を選んたほうがリスク回避になります。

  ・60万円以下の債権しか少額訴訟では提訴できないので、信用がおける
    相手でも、契約は少額に分割して契約し、初めての取引相手とは前払い
    はしないで、着手金等の前払いもなるべく少額
に抑えること。

  ・被告の居住地の簡易裁判所に出向く必要があるので、自分の居住地
    の人と取引
したほうが万一の場合も手間がかからない。

  ・契約はゴム印や三文判ではだめで必ず印鑑証明の印の押された契約書
    を作成して契約すること。
    口約束やメール・手紙では少額訴訟を起こしても勝つ確立が一段と
    低くなるので、少額の契約でも必ず印鑑証明書の印で契約書を作ること。

 

在宅仕事・自宅バイト・業務委託もプロバイト 利用規約 プロバイトポイント 運営 個人情報保護
(c) Copyright 2011 プロバイト.com
For the blue sacred earth